HOME > お知らせ > かごしま茶産地ツアー@鹿屋市

本文

お知らせ

かごしま茶産地ツアー@鹿屋市

令和5年12月9日 一般社団法人鹿児島県茶生産協会さま(Instagram ⇒ )にお声掛けいただきまして、鹿屋で茶産地ツアーです。
鹿児島中央駅でバスに乗り込み、約二時間(途中20分程度の休憩あり)かけて一路 鹿屋へ向かいます。
鹿児島県内至るところにお茶畑が広がっていますが、お邪魔した鹿屋の笠之原地区は、少し見慣れた茶畑とは違います。
分かりますか?(写真はGoogleマップのストリートビューです)
分かった方はなかなかのお茶スキーとお見受けいたします。
答えは、『防霜ファンがない』です。
あの、高いところにある扇風機ですね。
霜が降りないくらい温暖な気候なのかと思いきや 然に非ず。
むしろ、盆地で放射冷却の影響を受けやすいんだそうです。
では、どうやって霜を防ぐのか?

IMG_1067.jpg

なんとスプリンクラーです。
8~11畝毎に配置されていて、3mm/h程度の放水を行うんだそうですよ。
それを可能にしているのが、高隈川上流にあるダム。
ここからパイプラインで水の供給がされているんだとか。
そんなこんなを丁寧に三森製茶 三森さんが教えてくださいました。

image0.jpeg

生産者さんに話が聞けるとあって、インストラクターの皆さんの質問が止まりません。
お話を聞きながらも、こちらも楽しみにしておりました。

IMG_1064.jpg

憧れの赤いガンダム(乗用型摘採機)!
写真には映っていませんが手前には、"チャーリー号"(名前もかわいい!)がいます。
今回は乗車させていただけるとの事で 個人的にと~っても楽しみにしていたのです。
とは言っても、運転席にちょこっと乗せてもらえるだけだろうと思っていたら!エンジンかけて走行させていただきました!
あぁ、いくつになっても初めての体験っていいですねぇ。
エンジンが運転席の隣にあるので、なかなかの爆音ですが、新緑の中を走ったら気持ちいいでしょう(おそらく生産者さんはそれどころではないでしょうが...)。
動画もたくさん撮りましたし、撮ってもらいました。
生産者さんの華麗な ハンドルさばきも素晴らしかったです。

お昼(美味しい焼肉でした)をいただいた後は、製茶工場の見学です。
グリーンティーかのやさんにお邪魔しました。